<   2007年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧

あえて

敢えて、不快な環境に身をおく。挑戦的な(ツッコミ力ある)人と付き合う。緊張させられる人と付き合う。その環境をどう克服し、そういう人に自分を認めさせるかという勝負をしてみる。私の武道のH先生は非常に厳しい、想いの乗っていないことを口滑るとすかさずチェックが入る「それどういう意味やねん」。私は呆然となる。ようするに何も考えていなかった。自分の言葉を喋っていなかったということを思い知る。恥をかく。毎回、自己嫌悪と自己ツッコミを激しくいれ直して、「クソ~」という思いを糧に背伸びをしていく。

そんな環境だから、毎週の稽古もその後の食事の時も、気合を入れてプレッシャーを存分にかけて、敢えて自分から丸裸になっていくように心掛けている。へんに繕っても全部見透かされるから、余計にかっこ悪いし、余計にバカ丸出しになる。

鍛えられることで大きくなっていく。鍛えてくれる存在を作っていくことは大人になればなるほど大事だと思う。歳をとればとるほど、自分の殻や箱に入り、鎧を着て、自己防衛に走る。しかしながら、H先生の下には沢山の人は集まらない。皆恐れるからだ。丸裸にされて、自分が後生大事に守ってきたエゴを否定されることが怖いからだ。でも、集まっている人はみんな愉しい。みんな真剣だから、うわべの笑いや快楽的な暇つぶしはない。腹から笑い合える人達である。真剣に自分に向き合う人達と付き合うとこういう宝物がある。

よっぽどの人でなければ、自分で自分を鍛え抜いていくことは出来ない。「よっぽどの人」なら良いが、そうでない人は一日も早く温室から出てきたほうが良いと思う。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-15 12:58

解っちゃ駄目

よく「解らない」と云われるが、解・判ってしまって、納得してしまったら、駄目だと思う。解った!と思った時点でそこから先の深みに向かって進んではいけない。成長は確実に止まる。

解ったと思っても、そこで「もっと解るとは?」といった質問を投げかけて、深めるという作業に務めていかねばならない。解っちゃいけないといっても、解ろうとすることをアッサリと諦めろといっているのではない。勝手にピリオドを打つな。そう簡単に解るものなどない。もっと長い眼で実力を養っていけという立場だ。

私は一生かかっても、どんなに精進を尽くしても躰の事を解り尽さないということは解っている。死に際に「やっぱり解らんかった。何やってきたんやろうなぁ。ガッハッハッ」と笑って死んでやろうともくろんでいる。解らないから面白い。解らないから一生やっていけるし、一生躰の事をアレコレ試行錯誤していくんだろうということは想像できる。解っちゃ、面白くない。解ってスッキリする人は情報・知識ゲームを楽しんでいるだけで、躰そのものを愉しんではいない。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-14 15:22

今年の暑さ

暑さでは評判の悪い阪神地域に住んでいるが、今年は爽快に感じている。じつに爽やかな夏だなぁと感じている。これは暑さの種類がいままでと違うのか、私の躰が変わったからなのか。空の表情を観ていると、去年のとは違うと思う。今年の空には透明感がある。熱はあるが、いつもの関西の蒸し風呂のような夏とは違うと思う。

ただただ毎年「暑い、暑い」と言ってるだけでは何の脳もない。ちゃんと変化や違いを感じ取って生活すれば、趣の味わいが全く違う。とにかく私は今年の暑さを楽しんでいる。ちょっと汗をかくとちゃんと涼しく感じる。冷房はやめて暑さを楽しめるようになろうじゃないか。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-14 12:40

これぞ、スッキリ!

単純な事だが汗をかいて、かいて、かきまくってスッキリした。二日続けてほぼ半日間動き放しで、手が届かないようなところからも汗を絞り出して、最後は躰がちゃんと正座を要求するまとまりようだった。エネルギーを一方的に放出したり、取り込んだりせず、バランスを取り、調和を取っていっていた。

お風呂もお湯で汗を流すだけ。石鹸を使って体を洗う必要はない。まずシャワーで汗を流していた時に、肌を触って「オッ」と思った。スベスベやった。

お湯で流すと肌はスベスベしていて全くベトツキがなかった。石鹸をつける方が気持ち悪い。本当はここまで汗を躰の隅々から絞りだして、サラサラ汗をかけば、躰は綺麗になる。汗でしか出せない毒素もあるという。夏は汗をかかなければ、躰にしまい込んだ毒素を抱え込んだまま生きてくことになる。しかも健全な汗をかかなければ出ないという。サウナなどで汗をかいても仕方がない。自己満足に過ぎない。汗は自然環境の下で、健全にかかなければ意味がない。温室でエクササイズしてもしょうがない。人工物は要らないんだ。気持ちのいい暑さだ。暑さを素直に味わって行けばいい。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-14 12:35

似合わない

今日は花火があり浴衣姿の若い女性が街にくりだしている。

しかしながら、似合っていない。和風が似合わなくなってしまったんだね。外側がいつもと違っていても、歩き方や立ち居振る舞いは普段通りだから、ふさわしさが出てこないんだな。着物を着ていても、頭はバーチャルで、行動は携帯でピコピコしている状態なんだから、ふさわしい佇まいが生まれるわけはないか。恐らくたまに着物を着る中高年の方もそうだ。着物姿のふさわしさがなくなって来ている。

人だけかと思いきや、どうもそうではないようだ。和の姿を受け入れる街にもふさわしさが失われている。受け皿自体が和ではなくなってしまったのだ。街は勝手に作られたものではない。人が作ったもののだ。結局人が大きく変わってしまったんだ。つまらない風に。失ったものの大きさを感じてしまった。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-04 17:57

禅問答

私に質問すると、禅問答だ!といわれる。しかし冷静に良く考えると、考える力や工夫する力は禅問答でなければ、言葉を通して養っていけないのではないか。答えを与えたり、与えられたりしたところで何も成長の糧にはならない。答えが与えられた時点で思考停止するからだ。頭を磨くには、禅問答しかなかろう。禅問答で揉まれて強く柔らかくなるしかなかろうに。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-04 13:33

コーチング本

私もソマティックス・コーチングとうたっていることもあり、コーチングということを考えることが多い。どないしたろか。何に挑めるか。

本屋や図書館で、コーチング本を覗いてみるが、ろくなものには出会わない。コーチングをマニュアル化してどないすんねん。そんなものコーチングちゃうやんけ。ただの“人材育成”マニュアルやんけ。恥を知れ。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-04 12:12

ソマティックスって?

レッスン直後、「一言で、ソマティックスって何ですか?」という質問を受けた。「それを訊いてどないすんねん?それを知って何になるねん?急に動きが良くなるんかい?お前たった今、体験したやないか。それ以上何がいるねん。お前こそ、どない感じたのか、何に気づいたのか、言わんかいな。」
本人はもっともらしい事を訊いていると思っているのだろうが、何でも訊けば良いってもんじゃない。一般の方なら努めて優しく対処しただろうが、業界の人には容赦はしない。もっと自分で考えなさい。与えられるばかりは恥ずかしい事と悟りなさい。説明を求める前に、百万回でも体験しなさい。それからマシな質問をしないさい。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-04 12:02

質問の質

質問の質が悪い。字のごとく、質を問うことが質問である。

質問を受けても言葉のやり取りを要求されているだけにしか感じられないことが殆どだ。そこにさんざん努力して迷って、悩んで来たプロセスが感じられない。もっともっと行動経験を積み重ねて行って欲しいし、私自身苦しんで死ぬほどの思いをしていかなあかんと思う。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-04 11:50

マニュアル化した私達は、

問題と答えを欲しいがっている。しかも、答えを知識として教わることを要求している。教わることで、自分で気づくことを放棄し、本来一番重要な答えを探す能力を養えない、応用する力を養えないでいる。
だから、教えること、指導することを捨てた。コーチすることに努めていくのだ。
[PR]
by somaticcoach | 2007-08-04 11:33

兵庫県神戸市の「ザ・ととのゑ屋」さん(威風堂)です。営業のお知らせについて、想っていることについて綴っています。


by somaticcoach
プロフィールを見る
画像一覧