行き着くところ

体言葉は沢山ある。解剖学を紐解くと、便宜上付けられた体に関する名称がふんだんにある。

しかし、手は足であり、足は手である。手は腰ともなり、肚ともなる。つまり、軆には境目もなく、一点が全部を現している。表裏一体、心身一如という言葉もあるが、敢えて言葉を当てはめると「からだ」という一語しか残らない。手はからだ。足はからだ。脳もからだ。胃腸もからだ。

手作業はからだ作業として取り組んだ時に、手作業の域を超え、全身が注ぎ込まれた人生そのものに昇華される。
by somaticcoach | 2007-10-05 12:48