人気ブログランキング |

身体の反応

身体を整える、身体操作や身のこなし動作をセッションで行っていると、身体の反応がだいたい二種類に分かれる。
1. 身体の緩みや解放が、眠気を誘い、身体が休養を要求する。
2. 身体がどんどん覚醒していき、活発に行動を取らずには居られない。頭では休もうと思っても、身体はすがすがしくピンピンとしている。

夜に、気分がすっきりせず、頭にエネルギーが昇華しすぎて、全く寝付けない状態とは異なる。2の状態は非常に気持ちが良い。身体中にエネルギーが漲っていて、いつもこんな調子でいられたらなぁという感じだ。

専門学校でフィットネスを勉強している学生にスタジオクラスを提供させて頂いているが、ほとんどの学生が1.のタイプ。ほんの数人が2.のタイプで最後まで(時間一杯まで)、セッションを続けることができる。1.の人は途中で眠りに入る。普段無視してしまっている身体の裡なる要求(欲求ではない)と叡智に身を任すことが目的なので、そのまま眠らせてあげる。

このワークを始めたての頃、自分も一人でゆったりとセッションを催している途中で寝てしまっていた。師匠に聞いても、それは良くあることで、それだけ普段自分の身体の生理的な・自然の要求を無視して生活しているためであるから、身体が疲労困憊なのだ。だから、始めたての頃に出てくる欲求は睡魔と安眠であることが多い。

ただ、クラスを拒否して無理矢理1.のタイプに成りすましている者がいないことを祈る。とりあえず、体感した上で、睡魔に身を任してみて下さい。
by somaticcoach | 2005-11-09 18:16