相手に同調する--歩く・走る

人に同調できると自分が高まっていく例を身を持ってわかるのが、歩く・走る時。意識的に利用したり、無意識に行う。
一人で歩くことはことのほかしんどく足取りも進まないことがあるが、誰かと一緒だと自然と足が進む。また、あかの他人でも周りにいる人なら誰でも構わない。自転車に乗っている人を上手く使うと、そのエネルギーに引っ張られて足が非常に軽くなる。年寄りのゆっくりした重い歩みに同調すると、歩くのがしんどくてたまらなくなる。このように相手を間違うとマイナスに働くので要注意。
陸上の競技でも、ライバル選手に上手く同調すると、引っ張られるように進めたり、背中を押されるように進むことが出来る。
マラソンで人の後にピッタリくっつく選手がいる。空気抵抗というものを軽減する利点もあるかもしれないが、その人に同調できること(息を合わすこと)で自分の力で走っているのではなく、ただ引っ張られて走るリズムが生まれる。特に、腹側の感覚が鋭い日本人タイプの選手は、この手が多い。
アフリカの選手や西洋の選手の中にはグループの先頭に立って走るのを好む人が多い。とはいえ、スパートをかけ続けて周りの選手を引き離そうと走っているわけでもない。先頭にいるがグループの中で勝負を伺っているのだ。先頭を走るのが好きなのだ。背中の意識が発達した選手は、背中を通した方が同調しやすいのだろう。相手の気配を背中に感じて、背中を押されるように走るのが得意なのだと思う。
そんなことを知らない間に私達は使っている。でも、これを技と化したとき、自分の戦術力が高まり、勝負事に有効に利用していくことが出来る。瞬時にそれぞれの選手の気配を感じ取り、誰をマークすればいいのか、移り行く時間とレース展開の中で分析していく。今、誰と同調して、勝負をかけるタイミングを見計らうべきなのか。自分の力を高めてくれる、引き伸ばしてくれる相手は誰なのか。そんな相手を、ライバルを見つけて息を合わせていくことは、走ることに限らず様々な分野の潜在能力の開花に繋がるメソッドの一つとして提案できます。
by somaticcoach | 2005-08-31 11:24