人生は選択でしかない

d0067505_15084413.jpg

糖質自体が悪魔ではございません。

私だったら、白ご飯を次に食べることになるなら、その直後、食べた分と釣り合うくらいダッシュします。
ダッシュしたくなかったり、しないのなら、白ご飯を食べません

悪魔にさせてしまうか、仲間にできるかも自分しだいであります。

糖質をそこそこ取りたい人は、糖質を有効利用できるライフスタイルにチェンジすれば、糖質過剰には陥らなくてすみます。

補給した糖質をすぐにエネルギーとして使えるようなライフスタイルを選択すれば、余剰を作ってしまって中性脂肪化や細胞の糖化(老化のこと)させることなく健康被害を小さくすることができます。

活動量の少ない生活をしておきながら糖質を楽しみたいというならば、ゆくゆく健康を犠牲にするしか道は残されていないかもしれないのです。

よっぽど糖質代謝のいい体質に恵まれて生まれてきているなら例外かもしれませんが・・・、糖質を優先的に脂肪にする(貯蓄する)のが得意な体質の方もいらっしゃるはずです。

ライフスタイル(ライスチョイス)もバランスです。
善悪(正誤)ではございません。
なにを選んでもストイックはたいがい苦労を引き寄せます。

自分の体質(個体の特質)とのバランスでもあります。

いろんな要素との駆け引きの中にあります。
揺らぎをの中にあります。
そんな中に愉しさがあるみたいです。




[PR]
# by somaticcoach | 2017-03-11 15:18


思い込みで食材を選んでしまっていませんか?

この情報の是非も自分でしっかり吟味。




[PR]
# by somaticcoach | 2017-03-11 14:40

栄養素と身体のエネルギー的関係の研究はちゃくちゃくと進んでいます。

ここに「霞を食べても生きていける」シリーズで投稿していない種類の栄養素もたくさんあります。

反応が薄いので貴重な情報を垂れ流すのを今はケチっています。

それだけではなく、常用している危険な食材や調味料とエネルギー障害(転じて、心身の障害)の関係もわかってきています。

例えば、小麦粉は脳幹や上部頸髄を壊していく、ということがわかっています。
脳神経的な要が崩壊していきます。
そこが壊れてくるとどうなるか、どれほど恐ろしいか、興味のある方は調べて勉強してみてください。


d0067505_09240372.jpeg
人生には色んなコトがありますが、どういうコトに対しても変わりたければ、食生活を変えるべきです。そうしなきゃアカンと思います。(個人的な見解です)

スピリチュアルやカウンセリングやセラピーや医学的治療や代替・民間医療、たゆまぬ努力、自己啓発、話し合い・ミーティング、・・・色んな方法はありますが、食生活を変えるのが最も確実であると思います。

それに即効性がかなり高いと思います。

それ以外では、大災害に遇うか、災難に遇うか、大病を患うとか、そんななにかきっかけで無理矢理にでもライフスタイルの変更を余儀なくされる事態に見舞われないとなかなか人の現状防御の姿勢は崩せません。

食生活の変革は的確なポイントを押さえてやっていけば、そんなに難しくありません。
コツをつかめば、どんどん楽しく面白くなってきます。
そして、先程申し上げたように確実に効果を出していくことができると思います。

それを邪魔してしまうのは、今まで快楽を刺激して”気持ちよく”してくれた麻薬的な食材に哀愁と未練を感じている脳です。

このまま脳の快楽中枢を満足させながら恐ろしい結果を招く食生活を続けていくのか、ちゃんと魂をサポートする栄養を取っていくのかかで、人生の質は大差がついてしまうことでしょう。

いったん栄養が整ってきたときに感じる、ほんとうの身体の充実感と快適感、気持ちの安らぎと気持ちよさを一瞬でも味わってしまったら、ケーキを食べたときの満足感なんて目くそ鼻くそレベルだし、強い感覚の高揚を快感と誤って認識してたにすぎないと気がつきます。

なんと言っても、食生活は私たちのライフスタイルの中心です。その中心の習慣を整えることの影響の大きさははかり知れないことや中心のものを変革しなければ意味がないことは、想像に難しくないと思います。

まずは、食生活を変えてみることにちょっとだけ勇気を出してみてオープンにチャレンジしてみることです。


[PR]
# by somaticcoach | 2017-03-08 09:45

体の新陳代謝が心の新陳代謝を助けます。



栄養が整ってくると変わってくるのは、
ウジウジしにくくなること。
嫌な事や嫌な気分を引きずらなくなること。
そういう事を自分で自分をイジメるためのネタにしなくなってくること。
そういう事があってもすっかり忘れていることに気づくこと。
切り換えが早くなっていること。

おそらく細胞への栄養が違ってくると新陳代謝の回転数というか振動数が違ってくるんです。
新しいエネルギーが生産されて、細胞がドンドンいいものに切り換わっていくんです。
そういう体内環境は外に現れてくるものに反映されて違ってくるんです。

質が悪いのは、嫌なことが起こることじゃなくて、嫌な事をいつまでも覚えていて、いつまでも悩んでいて、ウジウジしてしまうこと。
そして、嫌な事が起こらないためにはどうしたらいいのかなんて無駄なことを考えることにエネルギー浪費していること。
低体温で、栄養失調で、代謝が弱い人はいつまでも同じことや過去のことにしがみついてしまうんです。
栄養がよくないとそんな性格というか考え方になっちゃうんですよ。

はっきり言って、嫌な事なんて起こります。
嫌な人に出会ってしまいますって。

そんなことコントロールできませんって。

そんなことより、ウジウジする暇もなくスパッと前に突進できれば、嫌な事が起ころうが、嫌な人に出会おうが問題ではなくなっていくんです。

栄養ってすごいです。
食で快楽中枢をサポートするのではなく、栄養で自分の魂をサポートしてあげられることは、とってもとっても大事なんです。
人生に歪みが生まれにくくなるんだと思います。



[PR]
# by somaticcoach | 2017-03-02 12:04

ライフスタイル・チェンジにまさる根本療法(セラピー)はない。



栄養状態が私たちにとてつもなく重要であることを思い知れば知るほど、整体(施術)だけを行っていくことはできなくなりました。

暮らしの中心を担っているのが食生活です。

食生活のありかたに私たちの”問題・課題”が反映されていると言えます。

その食生活の結果である栄養状態が心身の健康状態を決定づけてしまうことは疑いようありません。

栄養状態によって心身の調子、はたまた人生の質が決まってしまうといっても過言ではありません。

食べたものによって、肉体の質、体内で分泌されるホルモンや神経伝達物質の質、遺伝子の働き、感情や心理の働きまでもなどが大きく左右されます。

間違った食生活の選択が、肉体の苦しみだけではなく、気持ちや感情の苦しみ、はたまた人生の苦しみにまでもつながっていると言うことができます。

日本でも海外でも、多くの医療機関でも食事療法や栄養療法を駆使することで、難病(潰瘍性大腸炎やクローン病など)や慢性疾患(糖尿病、心臓疾患や癌、ウツや統合失調など)に大きな成果や完全治癒に導いている実例がたくさん報告されているのです。



食養やダイエット(食事療法)と聞くとこんなふう(↓)に思っちゃいますよね。

いまさら食習慣を変えるなんて大変だから無理。

食べたいものや好きなものが食べられなくなるなんて嫌だ。

”しっかり”食事をしているからサプリなんかとる必要なんかない。

”バランスよく”食べているから栄養失調(過剰や不足)を起こしているはずなんかない。

”体にいいもの”を食べているから私は大丈夫。

”体が欲しているもの”を選んでいるから間違いない。



慣れ親しんだ習慣を変えるとなっると、ふつう誰でもそう思います。

でもね、

あなたの普段の食事、”健康食”、”バランス食”が、あなたの生命や身体が求めているものでなかったり、そういう食生活をもってしても健康をサポートできていなかったり、不調がなかなか治らなかったり、ズルズル病気をしがちであったりすることも少なくありませんか?



医療機関では血液検査・尿検査や毛髪検査などで主に血のレベルの栄養状態や健康状態を具体的に調べてもらうことができ、身体の状態を数値化して知ることができて、その結果をもとに食事・栄養指導もしてもらえますから、わかりやすく納得できるという利点があります。

ですからちゃんと客観的に知りたい人は食事療法や栄養指導をしてくれるお医者さんなどに診てもらうのがいいと思います。

では、スーパーアナログなうち(砂川整体)の栄養指導にどんな特徴があるのでしょうか?

血液検査などでわかることは生命体の一部の側面を現しているにすぎないですし、血液に反映される未然の状態を感知することには力が及ばないことがあります。

東洋医学では「氣・血・津(水)」という表現があります。
エネルギー(氣や意識)の状態が具現化されたものが血や体液の状態(診断できる範囲の体の状態)とみなしています。

砂川整体では、目に見えにくく数値化や可視化しにくいのですが、エネルギー(氣や意識)のレベルでの反応をチェックする氣能検査を通して、よりあなたにピッタリの食材や栄養素との相性を調べていくことができます。

「相性の合う・合わない」は、姿勢や筋力、呼吸の変化(歪み)などを通してあなた自身も感じとることできっとわかるはずです。

プチ体験談:マヤさんの体験



砂川整体では栄養指導を統合したセッション(整食整体)を行っています。
整食整体セッションを申し込むと、以下のようなことをチェックしてもらうことができます。
・どんな食べ物にストレス反応(免疫防御反応、酸化反応、炎症反応)を示すのか。
→しばらく避けた方がいい食べ物がわかります。

・どんな食べ物がチューニング反応(心身が整う反応)を示すのか。
→積極的に食べた方がいいものがわかります。

・どんな栄養素が不足していて不調が起きているのか。
→どんな食材やサプリを選択すればいいのかがわかります。

・身体のどこに糖化反応(=炎症/老化/酸化/癌化)が起こっているか。
→どこに不調の種が潜んでいるのかがわかります。

・賢い食べ方や栄養バランスについての指導。
→病気対処や病気予防でない、積極的に健康と元気を創る食べ方がわかります。
また、私たちはたくさんの情報に翻弄され過ぎていたり、家系や社会に伝わる常識に翻弄されるあまり、食生活についての多くの勘違いをもってしまっています。誤解を正して習慣を改善していくだけでも、健康度のアップは可能になってきます。
 …など。

【いくつかの目標】:健康、活力(元気)、病気予防、美容
・解毒と粘膜の修復を促し、腸の健康を取り戻していくことで、健康的な免疫力を取り戻すこと。

・身体が求める必須栄養素(必須アミノ酸や必須脂肪酸)を十分に吸収できる消化・吸収体力を取り戻し、丈夫な心身を創る基礎固めができること。

・身体の健康と元気に欠かせない、ビタミンとミネラルの活用力を高め、正常な新陳代謝(成長、再生、若返り)ができるようになること。

・糖質摂取に依存せず脂肪を主燃料とすることで効率のよいエネルギー生産ができるようになること(活力向上していけること)。



【整食整体セッションのお申込み条件】

***注意***
お薬を常用・服用中の方は整食整体を受けていただくことはできません。
医師の監督下における栄養療法・食事療法をおススメいたします。
*****

・初回はお試しセッション*として単発で受けることができます。
*どんなセッションで、どんなことを知る(学ぶ)ことができるかを体験していただけるセッションです。
*1回だけチェックしてもらって、あとは我流で取り組みたい方でも受けていただけます。

「継続してみよう」と思った方
↓↓↓

・本コース(2回目以降)は6セッション(約3ヶ月間*)を1クールとして、まとめて申し込みをしていただき、栄養指導にしたがって食生活を改善していく方を対象といたします。
*初回と2回目の間はサプリの入手に時間がかかることもあり、期間が少し開いてしまうこともあります。

料金
1回目(お試し会):5,000円
2回目~6回目(本コース):48,000円
サプリ代:別途かかります
(サプリ取り寄せ代行手数料1,000円、ただしコースで継続の方は手数料無料)

7回目以降は単発でのセッション申込や月間パスなどを選んでいただけます。
7回目~さらに継続コースをご希望の方は優遇いたします。
7回目以降の料金は直接お問い合わせください。




【お問い合わせ先】030.gif 
・問い合わせ相手:砂川隆夫(スナガワ タカオ)
電話で連絡:090 2599 1769
メールで連絡:予約/問合せフォーム↓(クリック)
d0067505_20131068.jpg


[PR]
# by somaticcoach | 2017-02-28 11:16

おいしかった骨出汁(Bone Broth:ボーンブロス)スープの素紹介します。

野菜とか、肉とか、香辛料とか、オイルとか、好きなもの入れて毎日愉しいんで食してます。

ニューヨークとかでも骨出汁スープの店が流行っているらしいです。

ボーンブロス チキン&ジンジャー【株)ウエストリバー販売】
d0067505_21291145.jpg
痩美健旨だしスープダイエット(牛骨スープ)【株)エムディーブレンド販売】
d0067505_21292054.jpg

[PR]
# by somaticcoach | 2017-02-18 21:35

白米を食べると

”フツー”の白米をどれくらいぶりか思い出せないくらい久しぶりに(お茶碗一杯)食べてみました(外食で)。
フツーにピカピカしていて、ツヤツヤしていた銀シャリでした。
そこにはなんのトリックもありません。

お米といえば、しばらく茶色いご飯でしか食べていませんでした。

白米(+けっこう糖質・甘味調理料が入っていました)でそっこう眠い、身体ダルイ、頭痛い+ボーっとする、になりました。
d0067505_17044281.jpg

最近の食事は食べ順や食べる内容、そして、サプリによる補助のおかげで、けっこう満腹になっても食べた後に眠くなることがなくなっていましたし、身体が重苦しくなったり、感覚が鈍くなることもなくなっていました。

血糖値を急勾配に上げ下げさせてしまうと自分コントロールができなくなってしまう感じです。
これでは色んな面でも自己管理どころではなくなっちゃいますね。

世の白米好きや粉もの好きの方たちはどう機能しているのでしょうか?
どう生き延びていくつもりなのでしょうか?

食に関する間違いや勘違いのせいで健康を台無しにしてしまっているケースがほんとうにたくさんあります。

マイルドドラッグで麻痺してしまい自己制御できなくなっている方が、生きていくのが楽だったりするのかもしれません(当面は・・・)。

気に障る人もいらっしゃるかもしれないけれど、こういうことをすっ飛ばしてたら健康指導はできないよね。

健康は、ミラクル(ゴッドハンドとか)で得るもんじゃないもん。

ま、いつか本気になって目覚めてね…。


[PR]
# by somaticcoach | 2017-02-18 17:17

オイルプリング

オイルでお口クチュクチュのことです。

うちではココナッツオイルやレッドパームオイルを使っています。
d0067505_11165057.jpeg


d0067505_11163605.jpeg

レッドパームオイルはまずいです。
味はニンジンペーストです。

オイルプリングは10分くらい~(15~20分が推奨されています)行います。
ココナッツオイルやレッドパームオイルは抗酸化や抗菌作用も強いので、口腔の浄化にもなりますし、歯肉に染み込んだ有害物質の解毒にもなります。

世間では数々の健康効果が報告されています。
(興味のある方はググッテみてください)

オイルなのではじめは重くクチュクチュしにくいですが唾液とからんでくると柔らかい液体になってきます。

そう、もう一つの効果は唾液の分泌の訓練になります。
唾液分泌を快復させることで、自前の抗酸化・抗菌力の快復にも繋げていけます。

口のなかにオイルを含んで、朝の準備やシャワーやいろんな日常のお仕事をこなしながらクチュクチュしているとあっという間に10分以上は経ってしまいます。

*使用済みのオイルはシンクに流さず、袋か古紙に包んで破棄してください。



[PR]
# by somaticcoach | 2017-02-14 11:32

サプリ指導でのつまずき

カプセルや錠剤が

デカい!007.gif

d0067505_11082483.jpeg

みんなが飲み込みやすいものとは限らない。

これは(大きすぎて)あかんやろってのもけっこうある。

メガドースやから(大きくなってしまうのは)しゃいないのかもしれんけど困ります。

(海外の)サプリ会社、なんとかして。


[PR]
# by somaticcoach | 2017-02-14 11:11

氣の器=栄養の器

d0067505_10561443.jpg
(↑私の好きな中村清六さん)

氣の器「も」養わないとサプリや整った食を導入しても頭打ちになります。

身体が栄養過剰や食べ過ぎの状態になってストップをしかけてきます。

氣の器が広がると栄養受容のキャパも広がり、メガドース(積極的な大量服用)の栄養摂取も相乗効果を発揮してより大きなエネルギー体へと成長していけるのだと思います。

ですから、『霞を食べても生きていける』と題して、行氣(呼吸法)をプッシュしているのです。

決して、サプリ摂取だけをプッシュしているのではないのです。

氣の器が広がれば、食したものからの栄養の取り入れる力も大きくなります。
たとえ、栄養的に貧弱なものであっても、それを最大限に活かす力が拓かれてくるのです。栄養的に紛い物が混入していてもそれを取捨選択できていくのです。

栄養を整えたい人は必ず氣を整えることと養うこと(基本的に呼吸を通して)も合わせて考えていただきたいと思っています。

有事の時に栄養がありふれているわけではございません。
栄養的に豊かなものばかりを口にできるわけではありません。
有害物質とも生存競争をしなければなりません。

しかしながら、地球にいる限り空気(酸素=エネルギー)はある程度あるわけですから、日頃から氣の器を育てておくことは生命力を養う上で必須のこと=ほんとは学校(義務教育)で習っておくべきことだと思います。

[PR]
# by somaticcoach | 2017-02-14 11:04