<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

財産にならない

勉強の秘訣

これはシークレットです。

知らない方がいいことです。

知ってしまうと後戻りできません。

それでも読みたい方はどうぞ。

もちろん補償などしませんよ。

自己責任ですよ。

d0067505_10155919.jpeg


勉強というものがなんなのかわかったときがありました。

留学してはじめて自分で選んで勉強をしようと志していたときです。

身体の勉強をしていたからこそ、「べんきょう」ってこういうことなのね、とわかりました。

難しいこと、知らないことを外からくっ付けることが勉強ではありません。

だから覚えることは勉強とは言いません。

誰でも無理矢理(義務)教育やなんとなく通っていた高校や大学のなかでこのことは経験したことがあると思います。

実は、思い出すこと、中からは発現することが勉強なのです。



身体のことを勉強をしていたからこと、教科書にかかれていることは「自分のことそのもの」だと気がつきました。

自分の身体でも常に営まれていることがそこに書かれているんだ=「自分の事だ」と置き換えが利きました。

ある夜、「これは全部オレのことやんか」とピンときました。

「ほんなら難しいわけあらへんやんか」

「ほんならわからへんわけないやんか」

難しいとかわからないと思うことの方が「おかしいこと(異常)」だと気がつきました。

教科書に書かれていることが他人事や知らないこと、異次元のことではなくなりました。

これまで気にも止めていなかっただけで、これまでずっと自分の中で行われてきた営みのこと(のほんの一部)が書かれているだけだったのです。

自分のことが書かれた教科書なんて普通ありません。

それが目の前にあることに気がついたわけですから、すでに身体的にわかっていて、すでにやっていることを言語的にも認知していくかだけの作業に変わったのです。

「知っとかな、おかしいわ」

この気づきが起こった後は簡単です。

かってに吸収していきました。

かってにその分野で頭がよくなりました。

自分に内在している種を発芽させるきっかけを与えるのが勉強なんです。

この置き換えができないと苦痛です。

英語も、数学も、物理も、生物も、あとは全部一緒です。

全ての教科でちゃんと成績を残せるようになりました。

身体的にはそんなこと(学校で勉強するレベルのこと)だったら、すでにみんなわかっているんです(言語的に知らないだけです)。
→先生や文部省が作った嘘は別ですよ~。

ということは全部自分のことなんです。

あとはその事に気づいて、我が事として置き換えができて、自分の種・素材を発現させるかだけです。

これが勉強のシークレット(秘訣)です。




このシークレットをここでばらした事で問題が生じます。

なにか勉強している方でこれを読んだ方は、勉強している内容を無理矢理「自分の事」と思い込もうとしてしまいます。

これは本末転倒なのは明かですね。

もう一生気がつくことができません。

先に知ってしまったのですから。

知った後に気づきは起こせません。

シークレットは知ったらダメなんです。

気づくものなんです。

知ると本末転倒になるからシークレットなのです。




ほんとうに知りたいですか?

何でもかんでも知ろうとすることは、自分から気づきのチャンスを奪うことなんです。

知ってしまうことのリスクをわかっていないとダメです。

「知りたいことですか?それとも気づきたいことですか?」

こういう自問自答をすべきです。

知るだけでいいことなら、訊いたらいいし。

気づきたいことなら、訊いちゃダメです。
d0067505_08542742.gif



[PR]
by somaticcoach | 2017-06-10 10:18