出せば「元」に帰る

その(今の)状態を感じて、
それを発散し(押し出し引き出し)てしまえば
それで済む(元帰りできる)んです。

筋を言ってしまえばそれだけなんです。

老化なんてものは「出し惜しみ」現象なんです。

リセットの失敗が原因で腐敗が加速しているのです。

後はそのやり方を見つけ出したり、
やり方を工夫しなければ”うまく”出すことができません。

その「やり方」を”親切”に伝えたところで、
人はその通りにやりません。

結局、その人なりの「やり方」を創り「出さ」ないといけないのです。
自分の人生なんですから。

真理や原理原則をしっかり咀嚼して、理解して、「出す」術を創っていくんです。

身体にはすでに真理や原理原則が内蔵(インストール)されています。

ですから身体は具体的に道しるべとなってくれますので、正解と不正解を「常に」正確に教えてくれています。

体話力を養うことが大事です。

習ってできるもんじゃないです。

意識を徹底的に内観にもっていくしかないです。

身体は決して間違ったことをしていないと信頼することがスタートとになります。

そこへの不信感から出ようとしているものをむしろ「引き取ろう・引っ込めよう」としてしまいます。

意識のベクトルが真逆なんです。

意識が間違いに進んでしまうんです。

だから結果が”望んでいるもの”と違ってしまうんです。

実は元気に帰ることを許可しないようにしています。

いつも(人のこと観ていて)思います。

「出しちゃえばいいのに」

いつも自分自身にその言葉は帰ってきています。

「お前こそ」

・・・・面目ない(修行中)。

[PR]
by somaticcoach | 2017-05-10 09:34