身体の痛みが癖になっている人は、それが腰だろうが、首だろうが、膝だろうが、共通した心の癖があるんだ。

その自分の痛み癖の状態をなぜか「まっ、いいか」って心の深いところで受け入れてしまって、自分のアイデンティティーの一部として大切にしてしまってるんだ。

腰が痛いのに、毎日頑張って仕事や家事や子育てに奮闘している自分が可愛いかったりして…。

だから、痛みがなくならないように守られていってしまうんだよ。

こんなに強力な気持ちに守られてるから、「(なんとなく)痛いのがイヤなんです。困ってるんです。」と思うくらいじゃ全然ダメで、本気で自分を変えたい、変わるんだ、ってスイッチは入らないだよ。

だから、行動も起こさない。

「変わりたいけど、なんかおいしい話ないかなぁ。自分でやるのは面倒くさいんだよなぁ。………」で、結局、「まっ、いいか」に落ち着いてしまう。

だから、ゼッタイこんなんイヤや、ってくらい奮い立たさないと、そのイヤなことから抜け出す絶対条件にならないんだよな。

で、あんたならどうする。
あんたは、「まっ、いいか派」なんか「本気派」なのか?
[PR]
by somaticcoach | 2015-11-27 10:16

d0067505_17272081.jpg

久しぶりに御影ダンケでバターブレンドコーヒーをいただきました。

一口飲んで、ホッ。
二口目以降は、飲むたびにハァーッと深く気持ちよく息を吐いてしまいます。

ええ時間です。
[PR]
by somaticcoach | 2015-11-25 17:27

身体さん

身体は幸せへの道具。

使えば使うほど、幸和う。
[PR]
by somaticcoach | 2015-11-22 09:26

なんだかな

ぜんぶ、願ったり、(すでに)叶ったり、らしい。

イタ!
[PR]
by somaticcoach | 2015-11-22 09:24

私達は改めて、立ち止まって思い廻らさなければ、常日頃の自分の無知なチョイスがとんでもない結果を招いていることに疑いの余地を挟みません。

先に書いた肌着のことにしても、接触冷(涼)感や接触温(暖)感に安易に騙されて、というか感覚以前に広告文句に騙されてしまって、エネルギー的に吟味する余地を挟みません。

エネルギーが漏れれば、身体は冷えるし、エネルギーが補充されれば(引き寄せられれば)、身体は温まってきます。

感覚の歪み冷温の問題ではないのです。

食べ物や住環境でもそうです。(この点では、シックハウスや食品添加物や農薬などの情報的警告が浸透しつつありますが…)

「何でも、コンビニ生産、コンビニ流通、コンビニ消費」はとどまるところか、今もなお拡大して、世の中には安くてエネルギーレベルの低いものに埋め尽くされようとしています。

自分自身の安易な選択が、自分の命をいじめ、周りへといじめを拡げ、社会全体へといじめと病を拡げ、地球や大気へと拡げ…。

自分自身の病気は自分で作り、社会の病気は自分で作り、地球の病気は自分で作っているという気づきに至らないため、ちょっと待てよ、と立ち止まらず破壊を続けてしまっています。

眼には見えないけれど、エネルギー的に判別して、正しい選択をしているのか、という意識が必要です。

自分のいじめを止めれば、他人や社会、そして自然をいじめることも止められます。

自分自身(生命)に誠実に生きる決断をしましょう。
そして、誠実な行動をとりましょう。
[PR]
by somaticcoach | 2015-11-13 16:36

冷えとは、エネルギーが漏れてエネルギー欠乏状態になっていることをいいます。
別の言い方を摺ると酸欠です。
酸素が少ないから、体燃焼力が弱いので、温かくなりません。

単に温度(体温)が低いとか、体を冷ましてしまったということではありません。

冷たいものを摂ったとか、薄着をしていて冷気を浴びてしまったということではありません。

冷たい水を飲んだり、浴びていたりしても、エネルギーの強い水だったら、体のエネルギーが満ちてきて、体の芯はホカホカしてきます。

温めていても、厚着をしていてもエネルギーの弱いものであったら、エネルギーが放出してしまい、体は冷えていきます。

最近はヒート何とかとかホット何とかといった化学繊維のあったか肌着が出回っていますが、身につけた瞬間寒気が走ります。

よーく体を感じてみると、体からブワーッ気が漏出されていくのが体感できます。

これ、あかんわ、ってわかります。

ちゃんとしたものを身につけていないと、いくら厚着をして、用心していても、エネルギー漏れが起こって身も心も冷えていきます。

私は思いました。天然素材のいいものを身につけよう。まずは、肌着から(けっこう、値が高いですから)、肌に直接触れるものが一番大事。そして少しずつアウターへ着るものをエネルギーのいいものへ変えよう。

意識を高くしましょう。
エネルギー交流の視点を持ちましょう。
私達は生命エネルギーです。
エネルギーが吸引されていく身体、生活、社会、地球・天然環境に貢献しましょう。

安くて、“あったかい”と思わされるもので身を包むのは、自分いじめです。
そして、売れるからとさらに社会に流通し、被害が拡大していくことになっては地球規模の汚染です。

そんなものをほぼ一日中身につけて、生命エネルギーがただ漏れになって、身も心もますます冷えて冷えきっていきます。

それが今の社会の姿に、私たちを取り巻く人間や環境に現れています。

意識を高くして目に見えないことに目を向けていって、正しい行いへと舵をきらないと、人間なんて地球がお前たちなんてもう要らないと、地球のクシャミや貧乏ゆすりでもすれば意図も簡単に滅びてしまいます。

まずは衣食住で自分の命をいじめるのを止めてください。
どうすれば、自分いじめにならないだろうか、と常に自問自答してみましょう。
[PR]
by somaticcoach | 2015-11-13 10:27