<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

柴犬のような人

d0067505_2221427.jpg前の日曜日に心奮わされる柴犬と出会ってから、柴犬とオーバーラップする人を見付けたいと思い続けている。『凛』という一言がピッタリ来る柴犬。今好きな異性のタイプは?と尋ねられたら、迷いなく柴犬のような人(雌)と答えるだろう。私自身も柴犬のような雄になりたい。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-10 17:50

書と軆

「トメ」「ハネ」「ハライ」「タメ」「ヌキ」 など漢字/平仮名の書のエッセンスには軆の動きのエッセンスに通じるものばかりだ。つくづく日本語や書というのは軆そのものの文化だと言えるのではないか。書を書くことがカラダを見直す助けになりそうに思う。

小学六年生まで習字を習ったが久しく筆を持つことはない。今度は習字ではなく、書道をやって行きたいと思う。時々、書を書いてみたい。まずは癖を取るために、何かしら手本のなぞり書きに取り組んで行きたい。今の私の字は癖だらけで、だいぶ崩れてしまっている。どこでトメて、どこでハネていいのかもあやふやになっている。書き順もええ加減になっている。自分の字を書くのは基本を徹底的に辿ってからだ。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-08 23:44

使い物ならない足・脚

私の先生達と身体レベルで相当かけ離れているのが足・脚の自分化度合いであることをますます痛感している(勿論、それだけではないが…)。私の足・脚は相当に鈍い。一体足・脚に何が起こっいるのか認識出来ないでいる。足・脚の細やかさとセンス度(「鮮度」と名付けた)を高めなければ軆の成長は進んでいかないと感じている。この脚・足の鮮度を高める方法論が余りにも少ないことには驚くばかりだ。余りも見過ごされているのではないか。目標は足を手として用いることが出来る両腕のない方達の足使いだ。

一本線のうえを真直ぐに歩くことがいかに難しいさ。足を決められたところに置くということがいかに難しくなっているかを実感している人はどれくらい居るのだろうか?そんなことも解らずにスポーツのパフォーマンス向上やタイム向上などを欲するのは可笑しいのではないかとも思う。「足が解らない=立位での地球との接点を見失っている」ことになる。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-08 22:44

より繊細化

より繊細な軆になるために何が未開発なのか。手足が気になった。手足の粗雑さを何とかしなければならない。特に足の感性の鈍さがズーッて気に掛っていたことが確かだ。一日片側だけ開発作業を始めた。すると気持ち悪い半身、気持ち良い半身がはっきり分かり、一体で二つの身体を味わうことができる。どれ位の効果があるかも、左右差で判断出来る。軆は気持ち悪いと感じたら、気持ち良さへ変わって行こうとする。片側に気持ち悪さを残して自力を引き出して行くのだ。何も手を掛けないで「悔しかったら、自力でここまで来い」と激励する。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-08 17:36

日本人に会う

久しぶりに日本人に出会った気がする。昨日家路を歩いていると左側に静かな存在感があった。フッと見るとマメ柴犬がピッとお座りしてこっちを見ていた。

最近はペットブームもあってか色んな犬がいる。フワフワしてたり、妙に小さかったり、大型犬のいかにも賢そうなのだったり、色んな衣装や飾り、カットをして作り出されたようなものが多い。

めっきり柴犬のような日本犬は見なくなった。マメ柴犬の何とシンプルなことか。凛としたたたずまい。確かな存在感。おもわず「お前さんは日本人だろう」と声をかけて見惚れていた。思わず手を合わせて「ありがたや」と拝みたくなった。そんな存在感に出会ったのは本当に久しぶりなような気がした。

ペットの傾向は今の日本人を表しているのだろう。日本人の日本人たるところを見えなくなっており、隣の庭にある無い物ねだり東奔西走している。柴犬と共に生きることで省みることが出来る事が沢山あるように感じた。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-07 16:49

医療グルメ

世間の人達は医療グルメだと思う。アホみたいな“健康”情報、病気雑学、病院・医者情報、健康診断情報を持っている。そんな井戸端話を道端や喫茶店でしているのを良く耳にする。思わず「医療グルメ」だと口についた。「どこどこのレストランの~が美味しいわよ。」と噂している人達と同じやなと感じた。

そこから何が見えるか?全部他人事。結局、自分の軆の事は何一つ実感としてしらない。だらか“アホ”と言ったのだ。実感は教えてもらうことでない。いかにこの世との架け橋である軆を慈しんで生きているかの現れなんだ。もっと実感を通した軆から紡ぎ出した言葉を交わすことで会話が成り立っていかないものかなぁ。街中でもテレビ・ラジオをつけているかのようだ。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-05 15:33

スピリチュアルものが流行っている。本屋の精神世界のセクションに行っても沢山の本が出ているし、そもそも人間は長い歴史の中で精神とはを問いかけ、迷走を続けて来ているし、人間がこの世に生息する限り、この傾向はこの先も変わらないだろう。
「ここにある」「今を生きる」ことを問うものも多いが、これはめちゃめちゃ難しいと私は感じる。どういうことで、どうやって検証するのだ?つもりではしょうがない、つもりでは自分勝手で人を傷付けることもあろう。「ここにあるつもり」=「ここにある」ではない。本で書かれてある印象ほど簡単なもんじゃない。躾の会でも問うてみたい。
[PR]
by somaticcoach | 2008-01-05 14:27