プロ野球選手の中で、キャンプ中に風邪を引いてリタイヤする選手が必ずいる。最近、私自身一冬で二度目の風邪を引いたここ数年風邪を引いたことがなかったうえに、一冬に二度も風邪を引くのは何年振りだろうか。私自身の二度目の風邪引きのメカニズムとキャンプ中にダウンする野球選手の風邪引きメカニズムに共通点があるのではないかと思っている。

彼らはキャンプ中ハードに体を動かす。そこで当然汗をかく。しかし、比較的暖かい所でキャンプをしているものの、外気は冷たく乾燥しているいときも多い。だから、ちょっと動かないでいると汗は引くし、アンダーシャツも乾いてしまう。ここにカラダの隙が生まれる。カラダが運動で温まったために、カラダは緩み開いているから、色んなものがカラダに侵入しやすい状態でもある。そして、出ていた汗が冷たい外気に曝されることで、汗が出尽くさずに内攻してしまい、カラダが芯まで冷えてしまう。それが風邪引きに繋がっていく。

汗が乾きやすい時こそ、よく汗を拭き、アンダーシャツを着替える必要があるのではないかと思う。肘(注:野球選手だから肘を冷やすべきではないという意味ではない)や頸後部・後頭部などの冷やすべきでないところは、気をつけるようにしたい。最近は非常に高品質のアンダーシャツやコンディショニングウェアーが販売されているが、それに頼りすぎるとカラダの管理を失敗する可能性が、意外にも大きいのではないかと感じている。自分でできるカラダの調律は、しっかり自分で管理していきたいものです。

でも一旦風邪を引いたら、覚悟してじっくり経過させるべきである。無理に早く症状を抑えて現場に復帰できたとしても、肝心のカラダが言う事を聴いてくれない。症状を抑えることはは治ったことではないからだ。下手をすると、今の時期の風邪の処置を誤ったために、丸々一シーズン、カラダをベストコンディションに戻せることなく過ごしてしまうことだってある。処置を誤ると、風邪は非常に恐ろしい。まさしく、万病の元になる。風邪自体は何も悪くはない。処置の誤りが、万病の元なのであろう。一週間の程度の遅れで済むか、今のチーム内競争に焦ったために一シーズン不調で過ごすか、全体の流れを見てとるべき道を選択するように心がけて欲しい。

風邪は引いた後が肝心なのである。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-28 02:12

稽古日誌02/26/06

ボディワーク:前後、左右、捻り、ペンギン、オデコ、後転(花粉症)、正坐仰向け

カラダにラインを創って、カラダを技化する。相手にラインを創り、繋がる。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-27 10:58 | 稽古日誌

皮膚に還る

d0067505_1113831.jpg

今一度、皮膚というものに注目し直してみている。今日出合った書物の中に非常に面白い発見もあって、今まで説明できなかった現象の一端が説明可能なように思っている。今日得た知識だけでは、全貌が明らかにならないのはわかっているが、大きな進歩があった。まだ上手く整理できているわけではないので、ここには「閃きがあったよ」というメモを残しておくに止める。
今までの浅い皮膚の解剖学や生理学の知識では、全くカバーできていなかった内容のものだった。どうも運動を専門にする人達は、皮膚というものを軽視し過ぎている。こういう私もそういった教育を受けていても、そんなに違和感を抱かなかったわけであるが・・・。日本の理学療法士のことは知らないが、アメリカのPTは「創傷ケア」という様々な皮膚(下)の傷の処置も行う。全く興味がなく、避けて通っていた道に引きずり戻されるとは思っていなかった。創傷ケアで行われていること、治療原理などが今となっては非常に重要な理論や発見に基づいているということが分かってきた。そして、多くのヒントがあるのだが、運動原理と結びつけられてはいない。知る限り、誰も(どの学者も)そう捉えていない。唯一皮膚の体機能全般における重要性や皮膚機能の本質を認識し、理解している人物達は、武道家でありました。学者や医者にはいなかったということが衝撃的でした。古い資料を引きずり出して復習していこうと思っている。楽しみだ。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-25 19:12

異次元

d0067505_1021774.jpg


今回のオリンピックで唯一じっくり観ることができた女子フィギュア。Sasha Cohenは異次元にいるようだった。二位と三位の選手とそれほど点差は離れていないが、内容は間違いなく異次元でWowであった。表現力や身体操作力や細かく挙げていけば色々な点があるが、一言で言うと「美感」が突出していた。フリーで大きなミスがない限り、対抗できるのはスルツカヤしかいないかも知れないという印象を受けました。下駄を履く前に、勝負ありかな。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-23 10:26

伊豆のアキラ君

大阪人の兄ちゃんに連れられたアキラ君の身体操作を最前列でかぶりついて観察させて頂いた。
d0067505_21292786.jpg
d0067505_21294581.jpg
d0067505_2130197.jpg

アキラ君の立ち方は、やっぱりサルの立ち方であった。でも、高齢者に良く観られるし、最近では若者もこういう立ち方をする者が増えてきている。人間のサル化?といっても、人間がサルの体勢になっても(真似ても)、サルの運動能力を発揮することはできない。あの素晴らしい能力は、サルがサルであるがゆえに、発揮できるものだと思っている。サルから学ぶものは非常に多いが、それを土台にして人は人としてのカラダを維持しなければならない。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-22 21:31

大地との関係

見よ、1000年を越える大地との繋がり、相互相関の偉大さを。
人間がどんなに頑張って最先端の文明を築き上げても、これには敵わない。
私自身の印象は、この木が「立つということ」を教えてくれている。地に足が着くとは、こういうことを現しているのではないか。
d0067505_21253028.jpg
d0067505_21254342.jpg

この国定天然記念物の元で30分の立禅瞑想で、偉大なる大地を感じ、場のエネルギーを吸収させて頂いた。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-22 21:25

一足早く

伊豆の河津でお花見!(桜二分~四分咲)----さすが南国。
d0067505_212047100.jpg
d0067505_21211155.jpg
d0067505_21213270.jpg
d0067505_21214660.jpg

[PR]
by somaticcoach | 2006-02-22 21:21

伊豆にて

3日間、ビジネスで伊豆に行ってきた。師匠にお世話になってきた。
秘密事項で詳細は明らかにできないのだが、スポーツ、美容、健康、心理など等、様々な分野で潜在能力開発の最高級ソフトを提供できる確信を得ています。アメリカを幅広く見て来て自負できます、日米通じて最高級です。師匠とともに世に送り出すことを約束し、ここ2~3年が一勝負だと話し合いました。某社の方との会合もあり、そちらとのビジネスの展開もとても良い感触があり、いい形になっていくのではないかとワクワクしています。

それにしても観光のおばちゃんのエネルギーには堪らない。脚を引きずって歩きながら、パワーを振りまいている方もいた。男は・・・、ちょっと情けない。

私自身も温泉を満喫させて頂いた。ゆっくり朝風呂に浸かるなんて、初めてじゃないか・・・。

d0067505_2118780.jpg
d0067505_21184778.jpg

[PR]
by somaticcoach | 2006-02-22 21:18

他力本願の窮み?

滋賀県長浜市で17日、5歳の幼稚園児2人が刺殺された事件で、2人の同級生の母親で中国籍の無職鄭永善=日本名・谷口充恵(みえ)=容疑者(34)(殺人容疑などで逮捕)が県警長浜署の捜査本部の調べに対し、『自分の娘が(幼稚園で)ほかの子どもとなじめないのは、周りにいる子どもが悪い。このままでは娘がだめになってしまう。だから子どもを殺した』と犯行の動機を供述していることがわかった。   (読売新聞)

こんなこと言っていたら、地球上の自分の家族以外の全員を殺さないと収まらないじゃないか。それが通用すると思ったのかね。

人を信用できないのは、自分という存在を信頼できないから。自分達が変わらなきゃいくら経っても周りの人間が変わってくれるはずはない。そんなこともわからなくなったこの国に暮らす人達は、一様に『何を信用していいのかわからなくなった』『何も期待できなくなった』と口にする。オリンピックでは根拠のない過剰な期待をして、期待はずれだったと言って自分勝手にがっかりしている。「あと期待できるのは女子フィギュアだけか」って、お前は何様なんだ?最近のアスリートも「皆さんに感動してもらえるように・・・」というようなコメントをする者が多い。なんだか気持ち悪い。常にベクトルは外に向いていて、誰かが自分をかばってくれるはず、守ってくれるべきだというメンタリティーを持って生活してくる。そういう論理だから、上手くいかないと頭がおかしくなり、気がおかしくなる。外の世界なんて自分でコントロールできるものじゃないという簡単なことが実感できていない。ちっぽけな自分という考えはない。「自分=全て」という論理。自分様の世界にお前達は何をするんだ~と外を責め立てていく。この世を暗くしているのは、自分のそういった妄想に源があるものわからずに・・・、みんな擦り合いを繰り返してくのか。

建築偽造問題然り。いつも問われているのは、「誰が悪い」。そんなもの見つけたところで何がどうなるの?それよりも「今(自分が)何ができるか。」じゃないのかな。

看脚下!
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-19 10:00

一円相

円満と広がりと悟りの境地の象徴である一円相。
円は無限の多角形であって、まん丸ではない。当たり障りのない「○」ではない。
角のある多角形(とげや角のある若造)が、修行によって削り取られ丸くなった、いわば小石が急流にもまれて角をぶつけて、磨きに磨きをかけて得を積んでいく様を表しています。
仏の世界では、絶対真理を伝えるために円を描きます。始まりもなければ、終わりもない、無限に続く宇宙でもある。欠けるところも余すところもない、円満、円悟、円覚、無碍でもある。

そんな円相に共鳴し、Somatic Tao Instituteのシンボルに一円相を使ったロゴマークを作りたいなぁと思っています。

毎日筆を持ち、円を描いています。しかし、なかなかいい円が描けません。そんなものなのでしょう、今の私の未熟な境地を表しているのでしょうね。一生ロゴにしたいと思うような良い円が描けないかも知れない・・・・。それでも一日一円描き続けて行こうと思っています。
[PR]
by somaticcoach | 2006-02-16 19:05