2017年 03月 02日 ( 1 )

体の新陳代謝が心の新陳代謝を助けます。



栄養が整ってくると変わってくるのは、
ウジウジしにくくなること。
嫌な事や嫌な気分を引きずらなくなること。
そういう事を自分で自分をイジメるためのネタにしなくなってくること。
そういう事があってもすっかり忘れていることに気づくこと。
切り換えが早くなっていること。

おそらく細胞への栄養が違ってくると新陳代謝の回転数というか振動数が違ってくるんです。
新しいエネルギーが生産されて、細胞がドンドンいいものに切り換わっていくんです。
そういう体内環境は外に現れてくるものに反映されて違ってくるんです。

質が悪いのは、嫌なことが起こることじゃなくて、嫌な事をいつまでも覚えていて、いつまでも悩んでいて、ウジウジしてしまうこと。
そして、嫌な事が起こらないためにはどうしたらいいのかなんて無駄なことを考えることにエネルギー浪費していること。
低体温で、栄養失調で、代謝が弱い人はいつまでも同じことや過去のことにしがみついてしまうんです。
栄養がよくないとそんな性格というか考え方になっちゃうんですよ。

はっきり言って、嫌な事なんて起こります。
嫌な人に出会ってしまいますって。

そんなことコントロールできませんって。

そんなことより、ウジウジする暇もなくスパッと前に突進できれば、嫌な事が起ころうが、嫌な人に出会おうが問題ではなくなっていくんです。

栄養ってすごいです。
食で快楽中枢をサポートするのではなく、栄養で自分の魂をサポートしてあげられることは、とってもとっても大事なんです。
人生に歪みが生まれにくくなるんだと思います。



[PR]
by somaticcoach | 2017-03-02 12:04