霞を食べても生きていける(1):リンゴ酸マグネシウム

理想的には霞からすべての栄養を取り込むことができ、プラーナを充足させて生きられたら怖いものなしでいられます。

現代人のミネラル不足の代表格の一つ、マグネシウム
うちではSource Naturals社の製品をすすめることが多いのですが、わたくし的にはこのマグネシウムがとってもいいと実感しています。
これはリンゴ酸とマグネシウムを結合させることでよりよく吸収されるようになっていたり、ATP(エネルギー)生成を活性させようとしてる製品です。

d0067505_18375586.jpg
ソースナチュラルズマグネシウムマラテは、マグネシウムとリンゴ酸の合成物です。筋肉機能、循環器機能、エネルギー生成をサポートします。リンゴ酸はほとんどの体内細胞で見つかり、ATP合成およびエネルギー生成のたくさんの重要な酵素の構成要素です。 マグネシウムは代謝・ATPの生成・エネルギー生産のための300酵素反応以上に必要なミネラルです。また、カルシウムとのバランスをとって筋肉の弛緩やリラックスにも重要なミネラルです。予備研究では、マグネシウムマラテは、脳内のアルミニウムを体内自身の解毒でサポートします。



マグネシウムは「ゆるむ」ことに関しても最重要ミネラルで、マグネシウムを活用できないと筋肉をリラックスさせることができません。

マグネシウムの働きや栄養のことなどはトンプソン真理子さんがFacebookでとてもよくまとめて下さっているので参考にしてください。

ミネラルスカスカの農作物が多くなっていたり、食品汚染があったり、生活習慣の乱れでミネラル消耗が過多になっていたりしますので、良質のサプリを賢く使い身心を快く働かせられることも一つの生きる知恵といえます。

しかしながらサプリに頼り続けることも正直しんどいです。
私みたいな人は・・・とくに。
ならばサプリを氣の感覚に転換して呼吸を通して霞から取り入れられないものかとなんでもそういうふうに考えてしまうのです。
霞を食べて生きていく(こともできる)人になるほうが気楽だと思ってしまうのです。

前置きはこのあたりにしておいて、このリンゴ酸マグネシウムに関して言えば、
仙尾関節を意識して呼吸すれば氣的(周波数/バイブレーション的、エネルギー的、量子的)に同調することができるのでサプリを摂らなくてもリンゴ酸マグネシウムは摂取することができ、栄養として活用できるはずだと思います。
自分実験では3~5分ほど仙尾関節に意識をおきそこで呼吸をすると、リンゴ酸マグネシウムサプリの(今日の)摂取の必要がなくなりました。
d0067505_19192667.gif
科学的には証明されてはいませんが、興味のある方は参考にして実験してみてください。

これからも怪しい直感的な知恵をドンドン公開いていきます。
怪しいことが好きな方はお楽しみに。
今回はこの辺で。


[PR]
by somaticcoach | 2016-12-18 19:00