アイシング常識はこのままでいいの?

アイシングと呼ばれる体の酷使した部分を冷やす方法があります。

スポーツ業界では“常識的”に採り入れられています。

野球のピッチャーが肩や肘に何か巻き付けた状態でインタビューなんか受けている姿を目にすることがあります。

アイシングをしているのです。

が、

ホントにそれ肩や肘のためになってるの?

大リーグに行った日本人ピッチャーはこぞって手術をしにアメリカに行っとるんかい?

という状況です。

アイシングが原因で肩肘の疲労を麻痺させながら酷使させていく体制に疑問があります。

そのことが疲労回復させず、疲労蓄積を果たし、手術が必要になる状態に追い込んでいる可能性は否定できません。

スポーツ業界のアイシングを一度疑問視してみることを提案します。
[PR]
by somaticcoach | 2015-03-18 13:39